自律神経失調症の正しい克服法

自律神経失調症を正しく克服する方法

自律神経の気づきと症状

 

まず、自律神経失調症の症状は、めまい、吐き気、頭痛、不安感など様々です。

 

 

 

そしてほとんどの方は、上記のような症状が出た際に、病院に診察受診をしますが、
原因不明と医者から言われることがほとんどです。

 

 

 

その為、これといった治療をいわれるわけでなく、非常に長い期間がたってから、
最終的に自律神経失調症と診断されるケースになります。

 

 

自律神経失調症による私生活への影響

 

自律神経失調症の段階はかなり様々であり、日常生活にまったく支障がでないほどの
たまにめまい、頭痛、ふらつきなどの症状がでる方や、
一般的な日常生活を送ることさえ困難なパターンがあります。

 

 

 

非常に深刻な自律神経失調症にかかってしまった場合、
とくに会社員の方は、会社への通勤だけでなく、会社内での仕事への影響が出てしまい、
最終的に退職をする選択肢を選ぶ方もいらっしゃるようです。

 

 

 

自律神経失調症の周りへの理解

 

自律神経失調症のかかってしまった場合、
症状を周りの人に伝えても、どれだけ辛いのか理解してもらえないことが
ほとんどです。病院にいっても、最初は原因不明といわれ、

 

 

これといった治療薬も処方されないわけですから
周りの人からすると、あまり深刻な症状でないと思われ、
当本人にはイライラ感が募り、余計に自律神経失調症が悪化する可能性もあります。

 

 

 

周りへの理解は難しいので、
基本的には病院の自律神経を専門とする医師に相談することが賢明です。

 

 

自律神経失調症の原因

 

自律神経失調症の原因は、自律神経の乱れによるものです。

 

 

 

仕事だけでなく、悩みや、私生活、睡眠など様々な要因があり、
特に交感神経が常に優位な状態になってしまっていることが原因です。

 

 

 

自律神経失調症の方は、リラックスしている時に働く副交感神経の作用が
非常に少なくなっている傾向が強いようです。

 

 

 

またコーヒーや、最近流行っているレッドブル、そして昔から人気のコーヒー、
あとは栄養ドリンクなどにはカフェインが多く含まれています。

 

 

 

このカフェインには、自律神経を興奮させ、常に交感神経が優位な状態が
続いてしまいます。

 

 

 

自律神経失調症の方は、カフェインが含まれている飲料物は絶対に避けましょう。
とはいっても、コーヒーをやめられない方は、非常に多いでしょう。

 

 

 

コーヒーを断つことが逆にストレスを増やしてしまう場合も考えられますので、
そういった方は、量を少なくし、少しでもカフェイン摂取量を少なくすることを心がけましょう。

 

 

自律神経改善への道のり

 

自律神経を整えることが一番の近道です。
規則正しい生活、夜更かしはせずに、寝る。そして、朝は遅くまで寝ないこと、
朝起きたら日光を体全体に浴び、軽い運動をしたり、
飲み物はカフェインのものを取らないようにして、夜お酒もほどほどに。

 

 

 

煙草を吸う方は、たばこをやめましょう。

 

 

 

上記のような生活を日々意識して、行動に移していくことで、
自律神経が本来のバランスを取り戻し、自律神経失調症が改善されていきます。

 

 

 

あ、そうです。腹式呼吸が一番効果があるといわれていますので、
ちょっと時間がある時は、ゆっくり鼻から息を吸い、おなかを膨らませ、
そしてゆっくりと口から息を吐き出しましょう。

 

 

 

腹式呼吸が一番手っ取り早く、副交感神経を働かせ、自律神経のバランスを
取り戻すそうです。ぜひ実践してみてください。思った以上の効果が得られるはずです。

 

 

自律神経失調症を克服するまでに必要なこと総まとめ

 

 

・早寝早起き
・朝日を浴びる
・仕事が大変でもこまめに休憩を入れる
・コーヒーを避け、飲み物は水にする
・お酒はほどほどにして、飲みすぎたら水を飲む
・脂っこいものを避ける
・深呼吸、鼻から吸って口から吐くを習慣にする
・風邪薬などは避ける。無水カフェインが含まれているから

 

 

 

自律神経失調症を克服するためには、交感神経をなるべく作用させないようにして、
リラックス状態のときに作用する副交感神経を極力優位にしていく必要があります。

 

 

 

確かにやることがたくさんあると思いますが、
リラックスできる状態、自分の体を休ませる時間を作ってあげないと
本当に深刻な自律神経失調症になってしまいます。

 

 

 

上記にあげたものをするだけで、自律神経が整えられ、
徐々に症状は改善していくと思われます。

 

ぜひ自分の体を休めることを心掛け、日々楽しくいきましょう。

 

 

 

 

 

 

自律神経失調症を克服法の詳細

 

 

自律神経失調症は、想像している以上に辛い症状です。
毎日辛く、普通の生活をしていくことさえ非常に難しくなります。

 

めまい、吐き気、頭痛、など常にその症状が続き、
仕事ができなくなるくらいの程度まであります。

 

しかも、病院にいってもお医者さんも治療法がわかりません。
なぜならお薬で治せるものではないからです。

 

 

自律神経失調症は、自律神経の2つ神経

 

交感神経と、副交感神経の乱れが生じることにより起きる体の異常反応です。
不規則な生活、精神的ストレス、肉体的な疲労など、
常に交感神経と言われる部分が強く働きすぎる為に起きることがほとんどです。

 

しかも、一度この自律神経失調症にかかってしまうとなかなか、
元の状態に戻ることが非常に難しいとされています。なぜかというと、
自律神経失調症になった場合、治療法か克服法を教えてくれるところが非常に少ないからです。

 

簡単にいってしまえば、
自律神経の交感神経と副交感神経の働きを整えてしまえば、
自律神経失調症は回復のきざしを見せます。

 

しかし、自律神経を整えるためには、
意識した生活をしていかないといけません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その方法というのが、

 

自分を大切にして、リフレッシュさせる方法です。

 

人は仕事をしていれば、誰しもがノルマがあったり、
残業をしたり、自分がしたくないことを日々こなしています。
確かにこれは、避けて通れない道です。

 

しかし、仕事以外の時間で工夫することが大切になってきます。

 

休みの日には、もちろんたくさん寝ましょう。

 

寝ている間というのは、副交感神経が強く働く時間であり、
自律神経失調症の人にとってはとにかく大切な時間です。

 

そして、たくさん寝たあとは、
晴れた日にはとにかく外に出かけ、散歩をしたり、
自然溢れる環境にいくと良いでしょう。

 

気持ちのよい太陽の光を浴びている間は、
交感神経が働き、自然の中でウォーキングなどしていれば、副交感神経が働きます。

 

このように、上手に交感神経と副交感神経を働かせていくことが
自律神経を整えていく方法なのです。薬を飲んだり、
治療をしたりして治せる症状ではありません。

 

いかに、体を休ませ、
そして体をリフレッシュさせていくかが非常に重要なポイントです。

 

いまこの世の中、ストレス社会で、
人は常にストレス環境にいます。休みの日にも、
ネガティヴなことや、何かに追われているようでは、
交感神経が働いてしまい、自律神経のバランスが崩れます。

 

必ず、無理をしてでも、さきほどお伝えしたような、
たくさん寝たり、出かけてウォーキングをしたり、体が生き生きとする環境にしましょう。

 

自律神経失調症は、このような生活をしていくだけで、かなりの違いがでてきます。

 

いかに体にリラックス、リフレッシュさせれるか、そこが大切なのです。

 

リフレッシュできること、ものなら積極的に始めて、
ぜひ1日でも早く、自律神経を整えて、楽しい時間を過ごしていきましょう。

 

 

 

自律神経失調症の原因と改善方法のまとめ

 

 

 

自律神経失調症で気をつけなければいけないこと

 

 

自律神経失調症の原因は、自律神経神経の乱れです。

 

 

 

つまり、絶対にしてはいけないことは、
いま現在以上に乱れさせないこと、そして自律神経を整えていかなければいけません。

 

 

 

自律神経失調症になって気をつけなければいけないのは私生活の見直しです。

 

 

 

お仕事が忙しすぎて、
なかなか睡眠時間が取れないなど、どうしようもない状況もあるかもしれません。

 

 

 

しかし、体を壊してしまっては意味がありません。
仕事は頑張ることも必要ですが、体を休める努力もしましょう。

 

 

 

自律神経をいま以上に乱れさせないように、
睡眠を必ずしっかりとり交感神経が働く時間をつくってください。

 

 

 

また、気を付けなければいけないことは、
コーヒー、緑茶、栄養ドリンクなどに含まれているカフェインを取らないことです。

 

 

 

 

いくら上記で述べたように睡眠を取っていたとしても、
カフェインを体に入れてしまうと、交感神経が優位になり、
結局自律神経を乱す要因になります。 

 

 

 

カフェインを取り続けていった場合、自律神経失調症が改善されるケースは
ほとんどないといっていいてしょう。

 

 

 

また、あまり知られていませんが風邪薬などにも無水カフェインという名のカフェインが
含まれているので、このような総合風邪薬も交感神経を刺激し、
自律神経の乱れの原因になりますので注意しましょう。

 

 

 

 

自律神経失調症の時にしてはいけないこと

 

 

自律神経失調症になった場合、睡眠面に特に気を配らなければいけません。

 

 

 

夜更かし、寝不足など、
睡眠が少ない環境では交感神経が優位になっている状態が続きます。

 

 

副交感神経が優位にならないような状態では、
自律神経失調症はよくなりません。

 

 

 

不規則な生活は必ず自律神経をアンバランスにさせていきます。

 

 

 

 

 

自律神経失調症を良くしたいなら

 

 

基本的に自律神経失調症の人は頑張り屋さん、
几帳面、細かい人がなりやすいと言われています。

 

 

 

仕事を頑張っている時や、
何か常に気にしている人は、交感神経ばかり優位になり、ほとんど副交感神経が働きません。

 

 

 

 

気にしたりするのを、気にしないようにすることや、
目の前にある仕事を放り出したりはできませんが少しでも工夫をして、

 

 

 

体を休ませ、副交感神経を優位にさせるように心がけましょう。

 

 

 

自律神経失調症の方は、
特に休日の過ごし方を見直してみることも一つの案です。

 

 

 

自然の多い場所に行き、心身ともにリラックスさせることで
自律神経のうち副交感神経が優位になります。

 

 

 

また自然が多いところで、深呼吸をしてみましょう。
深呼吸、腹式呼吸などは自律神経を整える一つの方法です。
もちろん自然の中でなくても効果は抜群。

 

 

 

また、笑うことで副交感神経が優位にもなりますので、
お仕事中でも気の許せる仲間がいるので、あれば明るい話題を話して、
休憩中に笑ったりすることで交感神経から副交感神経優位の状態が作られ、
自律神経のバランスを整えていくことができます。

 

 

 

 

自律神経失調症とコーヒーの知らないと怖い関係

 

 

自律神経失調症とは、
交感神経と、副交感神経のバランスが崩れたときに起きる体の不調です。

 

 

 

何でもバランスが重要ですが、
体もバランスが崩れると体のいたるところで異常が起き始めます。

 

 

 

自律神経失調症と診断された人は、
自律神経のバランスが崩れることで、吐き気や、めまい、
体の冷え、立ちくらみ、臓器の痛みなどの症状が現れます。

 

 

 

多くの人が自律神経失調症と診断されるまでかなりの時間を要します。
なぜなら症状の種類が多く、しかも検査をしても何の異常も結果に現れないからです。

 

 

 

と、前置きが少し長くなりましたが、自律神経失調症の人は、コーヒーを飲んではいけないことをご存知でしたか?

 

 

 

コーヒー好きな方は多く、リラックスタイムに一杯、
眠気覚ましに一杯、食事の後に一杯などさまざまなシーンでコーヒーを飲む機会があります。

 

 

 

しかし、このコーヒーが自律神経失調症を発症させ、
また自律神経失調症をどんどん悪化させる要因になるのです。

 

 

 

 

さきほども書ましたが、自律神経失調症は、交感神経と副交感神経が
アンバランスになったときにでる症状です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コーヒーは、自律神経の交感神経を興奮させ、交感神経を優位にします。

 

つまり、コーヒーを飲み続けた場合、交感神経が常に優位となり、副交感神経がまったく機能しなくなります。

 

 

 

仕事で忙しくしている時に交感神経が働き、さらに会社のストレスでより交感神経が働き、
コーヒーを飲むことでよりいっそう交感神経が優位になります。

 

 

 

交感神経が優位になることが悪ではありませんが、
このような生活をしていった場合、副交感神経のバランスが崩れ、自律神経が確実に乱れます。

 

 

 

そのため、自律神経失調症の疑いがある人、
またはすでに自律神経失調症になっている方は、コーヒーを飲むことは絶対にオススメできません。

 

 

 

コーヒーをやめたからといって自律神経失調症が改善するわけではありませんが、
いまよりひどくならないようにするのであれば、コーヒーはやめるのが無難です。

 

 

 

コーヒーがなぜ、交感神経を刺激するかというと、
コーヒーに含まれるカフェインが交感神経を刺激します。

 

 

 

つまり、カフェインが含まれるものを体内にいれた場合、
交感神経は興奮状態になります。

 

 

 

カフェインが含まれるものは、たくさんありますが

チョコレートや、緑茶、そして市販薬の総悟風邪薬にも含まれています。

 

 

自律神経失調症になった場合は、
日頃からカフェインが含まれるものを極力確認して、避けていくといいでしょう。

 

 

 

風邪を引いたからといって、
市販薬を飲むことで体内にカフェインが入り、交感神経を刺激します。

 

 

 

自律神経失調症を良くしていくためには、
交感神経を刺激するものは避け、極力、副交感神経を刺激するとよいでしょう。

 

 

 

副交感神経は、人がリラックスしている時に、
働く自律神経で、お風呂や、食事、睡眠などが副交感神経が主に働くタイミングです。

 

 

 

交感神経を刺激し、活発になることは良いことではありますが、
必ず交感神経を刺激したあとは、副交感神経も刺激して、自律神経のバランスを取ることを意識しましょう。

 

 

 

 

 

自律神経失調症のマル秘対策|交感神経少しSAYONARA

 

 

 

 

ここでは、交感神経と副交感神経のバランスがどれだけ大切な事か、
そしてバランスが崩れたときには、どのような事が起きてしまうのかお伝えしていきます。

 

 

 

まず、交感神経と副交感神経の二つを自律神経と言います。
この交感神経とは、運動など体がアクティブな時に働く神経、
副交感神経は、睡眠中、リラックスなど体が休息モードの時に働く神経です。

 

 

 

つまり意識的にどちらの神経を働かせるかはしていなく、自然と環境に応じて、
自律神経が自ら働いています。

 

 

 

最近、とくにこの交感神経ばかりが働いてしまうことによる自律神経失調症になってしまう方が増えているようです。

 

 

 

ただ、この自律神経失調症になった方がなぜ交感神経ばかりが働いてしまったか、
人によって様々ですが、だいたいはストレス、悩み事などです。

 

 

 

ストレスと自律神経失調症の関係

 

自律神経失調症は、ストレスが加わると、
交感神経が働きます。しかも交感神経が働くとなると、血管が収縮して血圧があがった状態になります。

 

 

 

そしてこのストレスが常に加わった状態でいると、
いつまでたっても副交感神経が働かなくなり、自律神経のバランスが乱れます。

 

 

 

乱れることで、頭痛、フラつき、体の冷え、または熱をもった状態で常に風邪のような感覚、
吐き気、精神不安定などの症状がでます。

 

 

 

ストレスコントロールができる方は、
いくらストレスが原因で交感神経が働いても、
副交感神経も働かせる方法を知っているので自律神経失調症になったりはしません。

 

 

 

 

 

 

 

 

悩みと自律神経失調症の関係

 

 

人間誰しも悩み事は持っているものです。
しかし、悩むことは必要なのは要素ですが、
悩み過ぎることは体への負担が非常に大きいのです。

 

 

 

悩み事し過ぎることは、自律神経の交感神経神経を刺激し続けることになります。

 

 

 

人によっては、悩みがあっても一定期間もすれば、徐々に忘れたりできます。
しかし、人によってはいつまでも、忘れられない嫌な記憶、思いがあり悩みとなり、
常に自律神経の交感神経が刺激されます。

 

 

 

この状況というのは非常に高い確率で自律神経失調症になる可能性があります。

 

 

 

 

人というのは、必ず自律神経の副交感神経も刺激しなければいけません。

 

 

 

交感神経と副交感神経のバランスが取れている状態があり、
これが体のすべてをコントロールしています。

 

 

 

ちょっと怖い話になりますが、交感神経が働いている状況というのは、
非常に癌になりやすい体質といえます。

 

 

 

なぜなら、交感神経が刺激され、優位な状態というのは、活性酸素が発生しやすく、
この活性酸素が細胞を傷つけてしまうからです。

 

 

 

これが癌細胞になっていくのです。

 

 

 

しかし、反対に副交感神経が優位になっていれば、リンパ球が多く生成され、
癌細胞を食べてくれるというのです。

 

 

 

つまり交感神経と副交感神経のバランスさえ取れていれば、
自律神経失調症にもなりませんし、
ほかの大きな病気を防ぐ方法でもあります。

 

 

 

副交感神経を優位にさせる方法

 

副交感神経を優位にさせる方法はシンプルですが、
リラックスさせることです。

 

 

 

リラックスさせることで自然と副交感神経が働きます。
主に代表的な副交感神経が働くときは、睡眠時、バスタイムです。

 

 

 

食事をしている際も副交感神経が働きます。

 

 

 

でもなかなか会社員の方、主婦の方は時間が取りづらく、
副交感神経を働かせる余裕がないかもしれませんね。

 

 

 

そんな時は、いつでもどこでもできる副交感神経を刺激する方法があります。
それは複式呼吸と呼ばれる呼吸法です。

 

 

 

鼻から息をゆーっくりと吸い込み、口からゆーっくり息を吐きだす。
これを何回か繰り返すと、体の隅々まで新鮮な酸素が入り、
副交感神経が働きます。

 

 

 

この方法なら、どこにいても副交感神経を働かせ、
交感神経とのバランスをとっていくことが可能です。

 

 

 

ぜひどこにいても腹式呼吸をこころがけてみてください。
もちろんそのほかにも自律神経を整える方法はあります。

 

 

死にたいと思うほどの自律神経失調症はこうして治す|最速治療法

 

私自身、7年前に自律神経失調症になり、
人生が嫌になり、死にたいなんて思っていた日々がありました。

 

 

自律神経失調症では、
ひどいめまい、吐き気、フラつき感など、
会社では通常の業務をこなしていくのがやっと、
周りには自律神経失調症の症状があると伝えていたものの、
その辛さまではわかってもらえませんでした。

 

 

 

もちろん休日も、子供がいたりとなかなかゆったりできず、
自律神経失調症に改善の予兆など一切なく、
自律神経失調症のせいで本当に辛い日々を過ごしてきました。

 

 

 

この数年間、
自律神経失調症を治すためにいろいろと勉強そして、
実践してきました。

 

 

 

その成果があってか、今では以前ほどの辛さはなく、
たまに自律神経失調症の症状が出てしまうくらいです。

 

 

 

私のように辛い思いをしてしまった方に、
少しでもお役に立てればと思いサイトを立ち上げました。

 

 

 

自律神経失調症の原因は交感神経

 

自律神経失調症になってしまっている方は、
日々時間に追われ、ストレセ負担が多い日常を過ごしている方が非常に多い傾向があります。

 

 

 

交感神経神経とは、活動している時に働く自律神経です。

 

 

別にこの交感神経神経が働くことが悪いわけではなく、
もう一つの副交感神経と言われる体がリラックス状態や、
休んでいる時に働くものとのバランスが取れなくなってしまうと異常が起きてしまい、
めまいや、頭痛などの症状が出てしまうのです。

 

 

自律神経失調症になってしまう人の特徴

 

自律神経失調症になってしまう方は、特に責任感が強く、
常に頭で何かしら悩みを抱えていることが多いのです。

 

 

 

確かに、責任感が強いことは良いことですが、
それが原因で自律神経失調症になってしまっては
結果的に仕事も出来ないくらい辛い症状が出てしまいます。

 

 

よくストレスコントロールなんて言葉を聞きますが、
ストレスコントロールさえ出来ていれば、自律神経失調症になることはないでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

ストレスコントロールができると副交感神経が働く

 

人の体には交感神経と副交感神経の二種類があり、
この二つの自律神経がうまくバランスを取り合って、体が正常な状態でいられます。

 

 

 

しかし、どちらか一方に傾いてしまうと、
バランスが崩れさまざまな体調不良が起きます。

 

 

 

ただ基本的に、自律神経失調症の方は、
交感神経ばかり優位になっている方が多いのです。

 

 

 

副交感神経とは、体が心地よいと感じる環境です。
横になって休んでいる時や、好きなことをしているとき、
お風呂に入ってポカポカしているときです。

 

 

 

ストレスコントロールができる人はこうした時間を大切にして、
副交感神経を働く環境が取れています。

 

 

では自律神経失調症を治す方法とは

 

自律神経失調症になってしまった方は、
なかなか治らないという方が非常に多いです。

 

 

 

自律神経失調症になって仮に、
病院にいってもお医者さんから自律神経失調症を治す薬をもらうことはできません。

 

 

 

なぜなら、自律神経失調症は薬で治すことができない症状だからです。
なぜ薬で治せないのか、
それは薬は治すことを目的とはしていないからです。

 

 

 

薬は一時的に、辛い症状を緩和してくれるだけであり、
根本的な原因を排除してくれません。

 

 

 

自律神経失調症の場合、
特に私生活の見直しが早く改善されるとされています。

 

 

 

自律神経失調症を治す私生活の見直し

 

自律神経失調症になってしまった場合、
私生活の見直しが必要ですが、
どこをどう見直したらいいかなかなか分からないですね。

 

 

 

そこで私が実践した方法を書きます。

 

 

まずは、睡眠に関してです、

 

睡眠は人にとって欠かせないもので、
睡眠時間が少なくても死んでしまったりはしませんが、
確実に自律神経に関係してきます。

 

 

 

毎日寝る時間が、2-3時間の場合、
副交感神経があまり働かなく、バランスが崩れてしまいます。

 

 

 

また夜更かしなども自律神経を乱れさせますので、
夜中前には布団に入り、6-8時間くらいは寝るように心がけました。

 

 

 

やはり十分に寝たときは、体も元気になります。

 

 

そして、食に関してです。

 

 

もちろんこれは何を食べた方が良いとかではなく、
毎日三食取るべきだということです。

 

 

 

食事をしている時には、
副交感神経が働きますので、
やはり食事を三食取ることで、
1日の中で交感神経を休め、
副交感神経を活発にさせることができます。

 

 

 

 

また、気をつけるのは、交感神経を刺激してしまうカフェインです。

 

 

 

カフェインはコーヒーや、チョコレートなどに入っていますが、
やはり自律神経失調症の方の場合は、コーヒーを避けるのは治療のためには必要です。

 

 

 

 

自律神経失調症の方の休日の過ごし方

 

休日は、特に自律神経失調症の方にとって本当に大切な日です。

 

 

 

自律神経失調症を克服するためには、
副交感神経を優位にすることが大切と繰り返しお伝えしましたが、
しかし、休みの日にずっと副交感神経を優位にすることだけが必要かというとそれはまた違います。

 

 

 

 

自律神経失調症の原因は、交感神経と副交感神経のバランスです。
傾いたままでは、自律神経失調症をよくすることはできません。

 

 

 

 

だから休日の日でも、交感神経も刺激する必要はあります。
特に休みの日は自分の時間ができますから、自分の好きなことをとくにしましょう。

 

 

 

 

たくさん寝る、好きなとこへ行く、昼寝をする。
なんでもいいんです。
でもやってはいけないのずっと家にいることです。

 

 

 

家から出て、昼間晴れているのであれば30分くらい散歩しましょう。

 

 

 

確かに疲れるかもしれませんが、確実にいい意味での交感神経が刺激されます。
理想は、交感神経もしっかり刺激して、副交感神経もしっかり刺激することです。

 

 

 

 

お互いがバランスの取れた状態となったとき、めまい、頭痛、ふらつきなどは、
自然と改善されていきます。

 

 

 

 

だから自律神経失調症は治る症状なのです。
病気ではありません。ただの自律神経の乱れなのです。

 

 

 

もちろん自律神経失調症は初期段階でさえ辛いですが、
段階があり、ひどくなっていくと自律神経失調だけでなく、
病気にまで発展してしまいます。

 

 

 

 

いまのうちから自律神経を整え、すこしでも元気だった自分へ戻りましょう。

 

 

 

 

 

 

アレルギーと自律神経失調症を体験者が語る|本当の対処症

 

 

私自身昔から、ぜんそくとアトピーに苦しめられた、
小さい頃は上記の症状で苦しめられ、大人になってからは、自律神経失調症にもなってしまいました。

 

 

 

いろいろと小さい頃から医師に教えられてきた、ぜんそくやアトピーの改善法はどれも効果がないものだった。
そして大人になるにつれ、自らぜんそく、アトピー、自律神経失調症について勉強したところ、
意外なことを知りました。

 

 

 

それは、自律神経失調症に関係する二つの自律神経

 

・交感神経
・副交感神経

 

上記の二つがアレルギーのアトピーと喘息の深く関係があったのです。

 

 

 

まず交感神経とは、人がアクティブになっているときに働く神経です。
仕事をしていたり、激しき動いていたり、日光を浴びているときなども実際は交感神経が働きます。
交感神経が働いている際は、血管が収縮し、血圧が高くなり、活発に動くことができます。
緊張しているときも上記同様です。

 

 

 

そして、交感神経が働いている際は、私はぜんそくやアトピーの症状が
非常に軽くなっていることに気付いたのです。

 

 

 

これはどういうことかというと、実際に仕事しているときにはアトピーでかゆみ、
ぜんそくで発作などになる事がほとんどなかったのです。

 

 

 

逆に、副交感神経、これは安らいでいるとき、リラックス中、お風呂、睡眠中などに
働く自律神経です。

 

 

 

実は私の、アトピーと喘息は副交感神経が優位になっているときに起こっていた

 

私が、アトピーのかゆみ、ぜんそくの発作などが起こるときは、
交感神経から、副交感神経に急激に変化するときに起こることがほとんどでした。

 

 

 

例えば、仕事中、休憩時間に入ってご飯を食べたり、休んでいるときにアトピーのかゆみが起きたり、
喘息の発作が起きていました。
または、長時間働いた後に、家に帰り布団でゴロゴロしていると、急に激しいかゆみに襲われたり
することがほとんどでした。

 

 

 

いずれも仕事という緊張感ある空間から、家に帰り、急にリラックスモードになるときでした。
しかも、私の場合、仕事中は手を抜くことはせずに、常に緊張感を維持してしまい、
交感神経の状態のままいることがほとんどだったからです。

 

 

 

それに、コーヒーを飲む癖があったため、コーヒーに含まれるカフェインの影響で
より交感神経が刺激される状態になっていたため、会社にいる際は、交感神経が最大限まで働いていたと思います。

 

 

 

しかし考えてみれば、仕事中はかゆみやぜんそくの発作がなかったのです。
仮に、会社内でももし、だらけれるような空間であった場合、常に副交感神経が働くため、
おそらくアトピーのかゆみや、喘息発作も起こると思われます。

 

 

 

ただ、ここで重要なのは、交感神経が優位の状態を維持していれば、
かゆみや、喘息の発作が起きづらい状況になりますが、
その状況のままでは、ひたすら交感神経が優位になり、副交感神経とのバランスが崩れ、
自律神経失調症になってしまうことなのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自律神経失調症の症状とは

 

ここではアレルギーのアトピーと喘息から話を変え、自律神経失調症のお話をしたいと思います。
自律神経失調症、これは交感神経と副交感神経のバランスが崩れ、体に様々な異常が現れるものです。

 

 

 

私自身実はこの自律神経失調症にかかってしまったのですが、めまいや吐き気、頭痛、ふらつきなど
常に症状が消えず、毎日生活するのでさえ困難になってしまうのです。

 

 

 

つまり仕事のし過ぎ、家に帰っても交感神経ばかりが優位で、
まったく体に本来必要な副交感神経が働かなくなったために起きたものです。

 

 

 

前章でも書きましたが、コーヒーが好きということで、実は家に帰ってもコーヒーは飲み続ける癖があり、
会社、自宅でも常に交感神経が刺激されていたということになります。

 

 

 

だからこそ、自律神経失調症になってしまったのですが、実はこの時、
アレルギー症状があまり出ていなかった事実もあります。

 

 

 

つまり交感神経だけが優位になっていたため、アレルギー反応が出ない環境になっていたわけです。

 

 

 

なぜ交感神経が優位だとアレルギー症状が出ないのか

 

表題にある通りなぜか、それは交感神経が働いているときは顆粒球という白血球が生成されるそうですが、
副交感神経が働いている時は、リンパ球と呼ばれる白血球が生成されるらしく、
このリンパ球が生成された場合、アレルギー反応を起こしやすい環境となるようです。

 

 

 

つまり、交感神経が優位であれば、アレルギー反応を起こしやすくするリンパ球が生成されず、
アトピー、喘息の発作がでないということになります。

 

 

しかしながら、アレルギーを起こさないよう常に交感神経を優位にしていては、自律神経失調症になり、
めまい、頭痛、吐き気の症状に苦しめられることになります。

 

アレルギー、自律神経失調症を防ぐためには

 

これが非常に難しいことなのですが、
バランスよく交感神経と副交感神経を働かせることです。
分かりやすくいうと、人間らしい生活ということになります。

 

 

 

日が出ているうちは活発になり、日が沈んだら徐々に体を休め、夜は寝る。
この生活が必要となります。

 

 

 

また夜といえば、酒飲みなんて想像する方が多いかと思いますが、
夜はせかっく副交感神経が働かせる絶好の時間なのですが、
お酒を飲みすぎることで交感神経が刺激され、バランスを崩す原因になります。

 

 

 

規則正しい生活を心掛けることと、体を活発に動かすことや、休息の達人になることがアレルギー体質、
そして自律神経失調症になるのを防ぐ最短の道です。

 

なかなか、副交感神経を働かせるのに必要なリラックスができていない方が多いですが、
そこができなければ、自律神経失調症になってしまいますが、
かといって、副交感神経ばかり働かせすぎていては、アレルギーが起きやすくなります。

 

 

 

しかし、副交感神経に刺激があったとしても、交感神経から副交感神経へ急激な変化をしない限りは、
アレルギー反応も大きく現れません。
大切なのは、急激な自律神経の変化を避けることなのです。
自律神経をコントロールして安定させ、日々元気にいきたいものです。

 

 

 

自律神経失調症の経験者が語る|コーヒーの悪影響

 

 

 

 

自律神経失調症で苦しめられ、約10年ほど。
辛い辛い日々が続きました。

 

 

 

なぜ、自律神経失調症になり、なぜ治す方法がないのか、
本当にこのまま一生自律神経失調症と付き合って生きていかなくてはいけないのかと
考えると先に光はまったく見えませんでした

 

 

 

しかし、率直にいいますと、
私のいまの自律神経失調症の症状は
まったく辛くない程度まで回復したのです。

 

 

 

このページでは、私がどのようにして、
自律神経失調症を回復させてきたのか
お伝えしていきたいと思います。

 

 

 

まず、自律神経失調症がなぜ起きるのか、
それは自律神経にある交感神経と副交感神経の
働きが乱れることにより起きる症状です。

 

 

 

交感神経とは、体を動かす時に作用する神経で、
副交感神経はゆったりと休んでいるときに作用する神経です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この自律神経は自らの意思でコントロールは出来ず、環境に応じて変化します。

 

 

ストレス状態にいるときは常に交感神経が働きます。
働いているときなどはこの状態で、
私のケースがまさにこの仕事からくるストレスが原因で自律神経失調症になってしまったのです。

 

 

 

逆にいうと、
副交感神経がまったく働いていない状態が続いていたのです。

 

 

 

しかも、最初はめまい、頭痛などの症状で、
なぜそういった状態が出るのが病院に診察に行ってもお医者さんにもわからなかったのです。

 

 

 

結局、体のいたるところを診察して、結果がすべて良好だったため、
最終的には、自律神経の乱れによる自律神経失調症だとなりました。

 

 

 

そして、生活面では、
副交感神経を優位にさせようとリラックスする時間を増やしたり、
早めに寝て、早く起きるよう心がけたりしました。

 

 

 

もちろん、状態は良くなっていたのですが、
ただ治ることはなく、ただめまい、頭痛が辛い日々がずっと続きました。

 

 

 

治ることがなかったので、半分諦め気味でしたが、ある日あるきっかけが起きました。
それはたまたま、体にカフェインが良くないと知り、大好きなコーヒーをやめました。

 

 

 

そのコーヒーをやめた時から体調が変わり始め、
気分がよくなり、体も若干軽くなり、もちろん症状的なものは出ていましたが、
体調がすっかりマシになったのです。

 

 

 

そしてコーヒーの悪影響について調べたところ、
やはりコーヒーに含まれるカフェインが交感神経を刺激してしまうため、
自律神経の乱れが起き、自律神経失調症の症状が出ることに気づいたのです。

 

 

 

そして何よりもコーヒー好きな人は、私もそうでしたが、
1日に一杯ではなく、2杯、3杯と、何度もついつい飲んでしまっていたのです。

 

 

 

常にコーヒーを口にするということは、
常に交感神経が刺激されているということになり、
副交感神経がまったく働かない状況になってしまうわけです。

 

 

 

交感神経と、副交感神経の重要性

 

 

交感神経と副交感神経が乱れることで、
自律神経失調症になると書きましたが、
実はどちらかにばかり自律神経が働くことが良くないのです。

 

 

 

例えば、副交感神経ばかり、
優位になってもこれもいいことばかりではありません。

 

 

 

副交感神経が強く働いているとリンパ球という白血球が増え、
アレルギー反応が起きやすい状況になります。

 

 

 

また、逆に交感神経ばかりが優位になっていては、
顆粒球という白血球が増えてしまい、活性酸素と言われるものが発生しやすい環境となり、
細胞が傷つけられて、最悪がん細胞になります。

 

 

 

上記からわかるように、自律神経の、交感神経、
副交感神経はどちらかに傾かせるのは悪く、
常にバランスが取れていなくては何かしらの異常信号が現れます。

 

 

 

そして、この交感神経と、副交感神経のバランスを整えるためには、
日頃から私生活に意識を向け、頑張る時、
そして休む時と、切り替えをうまくしていかなければいけません。

 

 

 

そして今日始めにお伝えしたように、
コーヒーは交感神経を刺激して、
自律神経のバランスを壊す可能があるのです。

 

 

 

完全にやめる必要はありませんが、適度にしていくことが必要です。