辛い自律神経失調を克服する方法

辛い自律神経失調を克服する方法はある

辛い自律神経失調を克服する方法

 

 

自律神経失調症になってしまうと毎日の生活が辛く、
苦しいものになります。

 

 

なぜなら、毎日のように、吐き気、頭痛、めまい、
ふらふら感、ふわふわ感、そして疲労感、脱力感と様々な症状が現れるからです。

 

 

 

そして、そのほとんどが病院に行き、医師に相談しても、
原因不明のまま診断は終わります。

 

 

 

なぜ、原因が脳にも、血液にもでてこないのか、
それは私生活からの自律神経のバランスが崩れによるもので、
何かの病気というわけではないからです。

 

 

 

ただし、自律神経失調症になっても焦らないことが大切です。
焦ってしまうと、余計に自律神経は乱れはじめ、余計に悪化してしまうからです。

 

 

自律神経失調症完治までの手段

 

 

自律神経失調症は治る症状です。
しかし、私生活をすべて見直す必要があります。

 

 

 

朝起きてから就寝するまで、仕事中の気の持ち方、
休日の過ごし方などです。

 

 

 

まず基本的に、自律神経失調症の人は、
自律神経の中の交感神経が常に優位な状態、
つまり、緊張状態にあることです。

 

 

 

この交感神経が優位な状態が続くことで、
交感神経と副交感神経のバランスが取れなくなり、
体のいたるところで不調が生じてきます。

 

 

 

交感神経と副交感神経のバランスが改善されることで、
自律神経が整い自律神経失調症から回復します。
つまり、いかにリラクッスできる状態にできるか、副交感神経を優位にさせていくかが鍵になります。

 

 

 

 

 

 

 

具体的な自律神経失調症克服法

 

 

自律神経失調症になった方は、
副交感神経の働きが弱ってしまっているところにあります。

 

 

交感神経と副交感神経のバランスは行動一つで、
整えていくことができますので是非下記試してください。

 

 

 

・早寝早起き

 

・朝陽を浴びる

 

・朝シャワーを浴びる

 

・1日3食よく噛んで食べる

 

・水を小まめにのむ

 

・カフェインが含まれる飲料を口にしない

 

・深呼吸、腹式呼吸を意識して行う

 

・お酒は極力さける

 

・風邪薬などは飲まない

 

・考え事をし過ぎないよう意識する

 

・好きなことをする時間をたくさんとる

 

 

 

どれもすぐできることばかりの内容ですが、
これが実はすごく効果があるものばかりです。

 

 

自律神経失調症は、
特にストレスからくる自律神経の乱れが多いと思いますが、
ストレスばっかりは誰でも感じるものです。

 

 

 

しかし、このストレスコントロールができない方が自律神経失調症になってしまうケースが多いようです。

 

 

ぜひさきほどあげたリストのものを実践して、
ストレスで乱れた自律神経を整えて、
辛い自律神経失調症を少しずつ改善していけるよう心がけましょう。